三岐鉄道車輛大図鑑「きまぐれ日記」

アクセスカウンタ

zoom RSS 少し、三岐線で撮影!

<<   作成日時 : 2018/11/15 07:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 9

最近、仕事や貨物鉄道博物館15周年関連で猛烈に忙しく、なかなかUPを出来てないのですが...
昨日は、夫婦でウォーキングに行き、少し三岐鉄道三岐線山城−保々間で撮影してみました!

●第19列車の801系805編成(2018.11.14山城−保々)
画像

●第3714列車のED454+ED452+タキ1900形(2018.11.14山城−保々)
画像

こんな快晴だと、くすんだ西武イエローより、三岐イエローで撮りたいですね!

しかし、現在801系803編成が、西武赤電カラーに塗替え中ですが、こちらが登場すると、また撮影者が増えるのでしょうね... 805編成西武イエローが登場した際も、撮影者が猛烈に増えて、線路の土手に上がって撮影していたり、線路を無理矢理横断したりと、マナーの悪い撮影者が頻発でした... ということで、私たちのように地元で長年撮影してきた者にとっては、全く馴染みの無い西武カラーへの塗装変更は正直迷惑な話でしか無いですね...

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
以前から思ってましたが、撮影地は貴方の土地ではありませんよね?誰がどう撮ろうと自由なのではないでしょうか。
線路横断などもその場で注意すればいい話ですし、馴染みのない西武カラーが迷惑なら撮りに行かなければいいのでは?
名無し
2018/11/20 23:00
ご自身に都合の悪いコメントは無かったことにされるんですね?
貨物鉄道博物館のお偉い方がこのような書き方は如何なものかと思いますが…
名無し
2018/11/20 23:05
二通目の二行は勘違いでした、失礼しました。
名無し
2018/11/20 23:12
名無しさん、いらっしゃいませ!

ご意見ありがとうございます。

まず、以前に私が「撮影地が自分の土地」と書いたことがあったのかどうか解りませんが、私は三岐鉄道沿線に土地の所有はありません。
おっしゃる通り、不適切な撮影でなければ自由に撮れば良いのでは無いでしょうか。 私も自由に撮影しています。 私は仕事の合間ウォーキングや現場へ往復のついで撮影になりますので、その時間の運用が西武カラーであればそれを撮影することになりますね。 そして遠くから撮影に来られた方と一緒に楽しくお話させて頂いていることも多々あります。

しかし、私が貨物鉄道博物館スタッフで、三岐鉄道でのヘッドマーク付列車運行企画などに絡んできたからこそ、このような不適切撮影も多い旨を書いた次第です。
三岐鉄道担当者からは、西武カラーの運行開始以後不適切撮影者が増え、沿線住民などから三岐鉄道や警察への通報があったと聞いております。
西武カラーにとどまらず、貨鉄博が運行したHM付貨物列車でも同じことです。

私は三岐鉄道の利用促進を目的として車輌の解説や運行情報、撮影地などをサイトや雑誌で取り上げてきましたが、それが元で少なからず不適切撮影者が増え三岐鉄道やその利用者・沿線へご迷惑を掛けていることは間違いないです...
よって、今後もそのような撮影者は増えて欲しく無いというのが私の思いです。
この先803編成の西武赤電カラーについても取り上げていくつもりですが、また不適切撮影者が増えるようであれば、この「三岐鉄道車輌大図鑑HP」も閉鎖する方向で考えています。

三岐鉄道利用者には馴染みの無い西武カラーですが「三岐鉄道が西武鉄道沿線の皆さんにも懐かしんで乗りに来てもらいたい」という利用促進を目的に運行を始めた訳ですが、結果的に不適切な撮影者まで増えてしまったのが現実です...
南野哲志
2018/11/21 10:43
三岐鉄道からも「当社沿線で撮影される時には、ルールとマナーを守って互いに気持ちよく撮影されますようよろしくお願いします。」というお願いが出されていますので、よろしくお願いします。
南野哲志
2018/11/21 10:44
ご丁寧な回答ありがとうございます。
楽しく撮影...と書かれていますが、毎回撮影者が多いとわざとらしい表現で表記されていますが果たして本心は如何なものか...

それと今まで西部カラーを撮影されていた時には書いていなかった「くすんだ色」という表現をここの所使われるのは何故でしょうか?ホームページという様々な方が閲覧される場所で、協力関係にある三岐鉄道さんの施した車体色を批判するように捉えられる表現も如何なものかとおもいます。
名無し
2018/11/21 13:35
名無しさん、こんにちは!

お返事遅くなりました...
細かくご覧頂いているようでありがとうございます。

「撮影者が多い」、それは本文にも書いているとおり、不適切な撮影者を見かけるとイヤになりますね。
また、私はウォーキングついでの列車通過時間ギリギリに着くことが多いので、既に撮影者が到着されていて、いつもの位置で撮れないと残念に思うことはありますね。

三岐線の西武カラー登場時は、登場したことをお伝えするためになんとか時間を作って撮影していました。
その後仕事が忙しかったり天気が悪かったり、また夏場は昼間ウォーキングもしてませんので、西武カラーをこの澄んだ秋の晴天下で撮影するのは初めてです。
秋の澄んだ彩度の高い青空には、彩度の高い三岐カラーの方がより補色(反対色)の関係に近づき、その状態で撮りたいというのが私の思いです。
で、第19列車は必ず3輌編成が走る運用なので、検査で運用離脱中が1編成あるとすると25%の確率で西武カラーとなります。
しかし、その1/4という低確率で西武カラーがあたってしまって惜しかったというのが私の率直な思いです。
今後、西武赤電カラーが出場すると、来年の秋空にはさらに三岐カラーに当たる確率が下がってしまいます...
ちなみに北勢線ですと、1/6の確率で三重交通カラーに当たります。

芸術系大学卒なので、昔少し色彩について勉強したのですが、その記憶では「彩度」とは色の鮮やかさで、高いと「きついイメージ」、低いと「くすんだイメージ」だったと思います。
黄色で考えると、彩度が高いとY値100%の原色黄、彩度が低いと0%の白に近づいていきます。
三岐イエローは原色に近い黄色で「きついイメージ」、西武イエローですとレモン色で「くすんだイメージ」かと思います。
南野哲志
2018/11/28 09:50
ウォーキングついでなどの理由はさておき、ギリギリに到着して貴方の思い通りの立ち位置に立てるわけがないですよね?西武カラーが登場して撮影者が増えたから〜と仰るようですが、昔から撮影者は少なかったわけではありません。ギリギリ到着してるなら先着の撮影者優先になるのは当然、むしろ貴方がその状況に合わせるべきです。それだけ長年三岐を撮影してきてるのに柔軟に撮影もできないのですか?頭の固い方とお見受けします。

先ほども申し上げた通り、貴方のそのくすんだ黄色に対する意図に悪意があるのか無いのかを聞いてるのであって、運用確率や彩度の知識のお話は聞いておりません。
そもそも貴方は西武カラーがお嫌いなんでしょうか?率直に答えてください。
名無し
2018/12/05 21:09
名無しさん、こんにちは!

お返事遅くなりました...

「昔から撮影者は少なかったわけではありません」と頂いておりますが、私の感想では20〜30年前と比べれば圧倒的に撮影者は増えたと思います。
そして、先着撮影者が優先は当然ですから、私がその状況に合わせていつもと違う場所で撮影したと書いていたと思います。
ご指摘のとおり頭が固いとはよく言われますし自覚もしておりますが、そこは私の個性かと思います。
しかし、先着撮影者が居ていつもと同じ場所で撮れず残念に思っても、先着撮影者に移動してもらって撮影したことは一度も無いです。

西武カラーが好きか嫌いかを訪ねられたら、生まれてから一度も西武鉄道沿線では暮らしたことが無く西武カラーには全く馴染みは無いので、「特に好きも嫌いも無いです」という答えしか出てこないです。 こちらも柔軟性が無いため三岐カラーしか受け入れられないのでしょうね!
南野哲志
2018/12/09 16:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
少し、三岐線で撮影!  三岐鉄道車輛大図鑑「きまぐれ日記」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる