北勢線モニ220形226

昨日は、いなべ市へ買い物のついでに三岐鉄道北勢線阿下喜駅へ「開運!招き猫 富豪乗車券」を買いに行ったのですが、そのついでに阿下喜駅前で現在修復中のモニ220形226を見てきました。
画像


モニ220形は、1931(昭和6)年7月に六石~阿下喜間延伸と全線電化開業に合わせ、当時の北勢鉄道モハニ50形50~55の6輌を日本車輌製造で新造されたものです。

北勢鉄道は電化されたため1934(昭和9)年に北勢電気鉄道に社名変更、1944(昭和19)年には三重交通に統合されました。その後、1964(昭和39)年に三重電気鉄道に社名変更、翌年には近畿日本鉄道に合併し、近鉄北勢線が誕生しました。

さて、モハニ50形がいつからモニ220形なのかというと、これがまた複雑で...

三重交通統合時に、一緒に統合された松阪電気鉄道四日市鉄道からの車輌に続いてモニ221形221~226へ改番され、ここで初めて「226」が付番されたのです。
そして、1949(昭和24)年、北勢線227が増備されました。(他三重線228・229を増備)
その後、近鉄合併時に塗色がマルーン1色となり、モニ220形221~229に形式変更されました。

近鉄に合併されてからは、
1977(昭和52)年10月、北勢線270系が新造導入され、モニ220形のうち225~227内部・八王子線へ転籍しました。

そして、1982(昭和57)年、内部・八王子線にも260系が新造導入され、モニ220形のうち225・226は廃車、227~229は電装解除・車体更新の大改造されサ120形121~123として現在も活躍中!

●モニ220形228から改造のサ120形122(2005.8.1日永)
窓配置やウインドシル・ヘッダーなど原型を残しています。
画像


●モニ220形225・226「さよなら運転」(1983.6.5浜田信号所)
父が撮影していました!
画像


その後、モニ220形225は解体、226は四日市市の四日市スポーツランドに長らく保存されてました。
あまり、近鉄電車は興味が無く撮って無かったのですが、仕事で「四日市のまちなみ」を発表する機会があって、その時このモニ220形226保存車も取材することになり撮影しました。
1999(平成11)年~2002(平成14)年の4年間は毎年撮ってました!

●モニ226(1999.11.10四日市スポーツランド)
画像

●モニ226(2000.3.21四日市スポーツランド)
画像

●モニ226車内(2000.3.21四日市スポーツランド)
画像

●モニ226(2001.9.27四日市スポーツランド)
画像

●モニ226(2002.1.20四日市スポーツランド)
この間で塗装が塗り替えられたようです。
画像

●モニ226車内(2002.1.20四日市スポーツランド)
車内もシートが貼り替えられ随分綺麗になっています。
画像


ここからしばらく仕事の激忙などで、四日市スポーツランドはご無沙汰していたのですが、2007(平成19)年12月に北勢線阿下喜駅前への里帰りが決まり、阿下喜駅前移送後に見に行ってみました。

●モニ226(2007.12.27阿下喜駅前)
パンタグラフやヘッドライトなどパーツが外されています。
画像


阿下喜駅前へ移送後、地元ボランティア団体により修復がはじまったようです。
私も貨物鉄道博物館で貨車修復をおこなっておりますが、モニ226は旅客車なのでもっと苦労されていることと思われます。

さて、いつの時代のどんな姿に修復されるのでしょうかね?
私も貨物鉄道博物館木造有蓋車ワ5490の修復の際、スタッフで資料を収集し議論を重ね、時代特定に至った次第です。

もう、既にモニ226は修復がかなり進んでいるようですが、樋の形状などからすると近鉄北勢線時代のスタイルになるのでしょうかね!?

日本車輌製造の1931(昭和6)年製というと、お隣三岐鉄道が開業時に新造したキハ1形もそうなのです! 電車とガソリンカー、狭軌とナローの差はありますが、ほぼ同じような設計でまとめられています。

車体諸元をそれぞれ上げてみます。

●近鉄モニ220形
車体寸法:長10860×幅2030
側窓扉配置:1D1D8D1、前窓:3枚

●三岐鉄道キハ1形
車体寸法:長10600×幅2600
側窓扉配置:1DD8D1、前窓:3枚

こちらが、三岐鉄道キハ1形です。
デッキは後年の取付で新造時は無かったので、結構似たスタイルです。
丸い断面の樋が特徴です。
客室は丸いカバーの電球だったようです。
近鉄モニ220形も竣功図表を見ると、客室は40W×3灯になっています。

●三岐鉄道キハ1(開業時絵葉書)
画像


●三岐鉄道キハ4(1971.12.保々工場)
引退直前の写真です。
画像


●三岐鉄道キハ4車内(1971.12.保々工場)
画像

この記事へのコメント

まあちゃん
2014年12月09日 15:29
元近鉄モニ226は、昭和53年に内部線へ転属後、雨樋の部分を、他のモニ220形と同一の形に補修(事実上、雨樋の部分を新造)し、唯一の原形車が、消滅しました。
この事が、このモニ226が、もっとも保存に向いた車輛になった理由の1つです。
事実でありながら、忘れられた記憶なので、記述させて頂きました。

私は、内部線へ転属後、廃車迄、毎日の様に乗車した一介の鉄道マニアです。
2014年12月09日 23:03
まあちゃんさん、いらっしゃいませ!

確かに、モニ220形の北勢線時代晩年(1977年)の画像を確認してみると、モニ225は樋が更新されてますが、モニ226は更新されてないですね。

私も、内部八王子線で3年間通学しましたが、残念ながら220形引退後でして...
ガメラ伊藤
2019年06月25日 12:44
はじめまして。うちの亡きおかんの実家が、泊駅近くでした。俺が幼少の頃は、客室扉が、手動でしたね。260系に置き換え迄、頑張り、サヨナラ運転も撮影に行きました。近鉄から、四日市あすなろう鉄道に、移管して、改造車輌は廃車になり、新造車と置き換え。長年のお勤めご苦労様でした。
2019年06月27日 09:32
ガメラ伊藤さん、いらっしゃいませ!

内部・八王子線は四日市南高校への通学で利用してましたが、既に260系が導入された後でしたので、残念ながら手動扉の経験は無くて...

あすなろう鉄道へ引き継がれた120形は残念ながら更新で引退してしまいましたね...

今は、台車のみが日永駅で保存展示されてますね!
車輌は残念ながらアスベスト問題で保存が叶わなかったようですね...

この記事へのトラックバック