テーマ:ワフ21000形

貨物鉄道博物館1月開館日

昨日は、2020年初の貨物鉄道博物館開館日で、スタッフとして行ってきました! 残念ながら、かなり曇天で、午前中の来館者は少なめでした...それでも、三岐鉄道三岐線の貨物列車が通過すると、みなさん撮影されてます!そして13時半からは、昨年12月末で塗装修復が完了した西濃鉄道ワフ21120の解説と入換え作業を公開で行いました! 天気が悪い…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

貨物鉄道博物館から1月開館日のお知らせ

今日は貨物鉄道博物館からのお知らせです。 1月12日(日)は、2020年最初の貨物鉄道博物館開館日です。昨年夏より、塗装修復を進めてきました、西濃鉄道ワフ21120の作業が完了したため、1月12日開館日に披露を行います!雨天でなければ、13時半頃より西濃鉄道ワフ21120と日本AEパワーシステムズシキ160+福井鉄道ホサ1+国鉄テラ1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貨物鉄道博物館から12月開館日のお知らせ

今日は貨物鉄道博物館から12月開館日のお知らせです。 12月1日(日)は、年内最後の貨物鉄道博物館開館日です。天候が悪くなければ、引き続き西濃鉄道ワフ21120の塗装仕上作業を進めますので、作業の様子がご覧頂けます。 また、塗装作業のお手伝い頂ける方、受付カウンターでお声がけください!雨天でなければ、13時半頃より国鉄テラ146+福井…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貨物鉄道博物館11月開館日

3日は、貨物鉄道博物館開館日で、スタッフとして行ってきました。 11月開館日は、運動会・文化祭など他所のイベントと被るため、来館者少なめでした...貨物列車が通ると、皆さん撮影されています!また、スタッフの皆さんには今月もワフ21120の車体塗装作業を進めて頂きました。開館前に手押しで、修繕場から押し出します!黒塗装はほぼ完了で、今後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貨物鉄道博物館から11月開館日のお知らせ

今日は貨物鉄道博物館から11月開館日のお知らせです。 11月3日(日)は、貨物鉄道博物館開館日です。天候が悪くなければ、引き続き西濃鉄道ワフ21120の塗装作業を進めますので、作業の様子がご覧頂けます。 また、塗装作業のお手伝い頂ける方、受付カウンターでお声がけください!毎月ボランティアで丹生川 貨物鉄道博物館~阿下喜 軽便鉄道博物館…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貨物鉄道博物館10月開館日

昨日は、貨物鉄道博物館開館日で、スタッフとして行ってきました。 四日市祭とかと被ってましたが、快晴の開館日ということで大変にぎわいました!貨物列車が通ると、皆さん撮影されています!西武赤電カラーも走ってました!貨物鉄道博物館隣の蕎麦畑も白い花が満開で、こちらの撮影者も多かったです!今週いっぱいぐらいが見頃かと思います!貨物鉄道博物館の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貨物鉄道博物館開館日

昨日は、貨物鉄道博物館開館日で、スタッフとして行ってきました。 9月開館日ですが、1日なので夏休みと繋がった休日ということで、大変にぎわいました!貨物列車が通ると、皆さん撮影されています!木造有蓋車は荷室内も見学可能です!また、スタッフの皆さんにはワフ21120の車体塗装の下地処理作業を進めて頂きました。そして、キッチンカーは「ねこち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貨物鉄道博物館からのお知らせ

今日は貨物鉄道博物館からのお知らせです。 9月1日(日)は、貨物鉄道博物館開館日です。天候が悪くなければ、引き続き西濃鉄道ワフ21120の塗装作業を進めますので、作業の様子がご覧頂けます。 また、塗装作業のお手伝い頂ける方、受付カウンターでお声がけください!毎月ボランティアで丹生川 貨物鉄道博物館~阿下喜 軽便鉄道博物館間を往復運行さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貨物鉄道博物館開館日!

今日は、貨物鉄道博物館開館日で、スタッフとして行ってきました。 猛烈に寒い1日でしたが、快晴だったので、多くのお客さまにお越し頂きました。 あまりにも寒いので、たき火をしてみました! ワフ21120車掌室の車掌クマちゃんも大盛況で、多くの方に一緒に撮影頂きました! お越し頂いた皆さま、あり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貨物鉄道博物館からのお知らせ!

今日は、貨物鉄道博物館からのお知らせです! 2013(平成25)年9月に修復が完了したワフ21120ですが、開館日に車掌室内を公開しています。 そこで、新たな企画として、車掌クマちゃんのぬいぐるみが登場です! 車掌クマちゃんは、 身長110センチ、座高70センチ、体重3.6キログラム、ウエスト150センチ です。 国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2003年の今日は「西濃鉄道」!

最近、仕事が忙しいのと天気が悪いのとで、あまりネタが無いので、久しぶりにアーカイブです。 12年前の今日、2003(平成15)年4月14日は貨物鉄道博物館スタッフと一緒に西濃鉄道へワフ21120の調査に行ってました。 西濃鉄道さまより、貨物鉄道博物館へワフ21120を寄贈頂くことが決まり、移送にあたっての調査に行きました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貨鉄博、ワフ21120修復作業

今日は、BOSCO設計さんと午前中は四日市市の木造住宅耐震診断だったのですが、その続きで午後は貨物鉄道博物館西濃鉄道ワフ21000形21120の荷室修復作業を進めました。 前回、荷室床板に水抜き穴を開けたのですが、そこに蓋を取り付けました。 ただ、既存の様子が解らないので、ここからは想像での製作となります。 前回、φ130…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貨鉄博、ワフ21120修復作業

今日は、貨物鉄道博物館西濃鉄道ワフ21000形21120の荷室修復作業を進めました。 一ヶ月前に、床板の荷摺木まで完了し、水抜き穴を開ける作業を残していたのですが、今日はなんとかその水抜き穴を開けました。  ワフ21000形荷室には、四隅に排水用の孔が開いているのですが、この詳細図等が残って無くて、はっきりした工法が解りませ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

貨鉄博、ワフ21120修復作業

昨日の貨物鉄道博物館西濃鉄道ワフ21000形21120の荷室修復作業です。 既に床板を設置するところまで完了していたのですが、荷摺木を取り付ける作業です。 床板に角材を並べます。 ボルトと木ねじで留めていきます。 夕方にはすべて取り付きました。 あと、水抜き穴を開ける作業が残ってますが、これをどうやるか…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

貨物鉄道博物館開館日!

一昨日は、貨物鉄道博物館開館日で、スタッフとして行ってきました。 曇天でしたが、とても多くのお客さまに来て頂きました! 午後からは、修復が完了した西濃鉄道ワフ21120を動かしてみることにしました。 というのも、今後このワフ21120に乗車頂けるよう企画中でして、安全確認等のため試運転してみました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「貨物鉄道博物館特選ツアー」参加者募集のお知らせ

貨物鉄道博物館開館10周年記念イベントの協賛企画として、三岐鉄道と貨物鉄道博物館との共催により、バスツアー「第2回 貨物鉄道博物館特選ツアー」を10月19日(土)に開催いたします。 このツアーでは、その貨物鉄道博物館を特別にご覧いただけるだけでなく、末広橋梁(鉄道可動橋)など三重県北勢地方の鉄道文化遺産を巡り、また線路幅の異なる三…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

貨物鉄道博物館10周年イベント!

昨日は、貨物鉄道博物館10周年イベントで、スタッフとして参加しました。 心配されていた天気も持ち直して、午後は暑いぐらいの晴天で、大盛況でした! 11時からの記念式典では、写真コンテスト・ヘッドマークコンテスト表彰式、修復車輌披露式が行われました。 まずは、淸水館長・日比顧問の挨拶です。 そして、表彰式と10年間ボラ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

貨鉄博、ワフ21120修復作業

先週から、貨物鉄道博物館の西濃鉄道ワフ21000形21120車掌室内塗装を進めていますが、ようやく塗装が終わり、座席シート・網棚紐網などを取り付けて、室内修復も完了しました。 室内塗装は西濃鉄道で廃車になった時点を想定して、既存塗色に合わせて塗り直しています。 ●机と丸椅子 ●長椅子 ●煙突とダルマストー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

貨鉄博、ワフ21120修復作業

今週も、貨物鉄道博物館で西濃鉄道ワフ21000形21120の修復作業を進めております。 平日ですとスタッフ確保が難しいので、今日は夫婦で、標記描き作業を進めました。 とりあえず、三岐線側だけ、標記を全部入れたので、パンフレットやポストカード用に公式撮影を行いました。 9月1日開館日まで、撮影出来る位置で留置しま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

貨鉄博、ワフ21120修復作業

続いて、西濃鉄道ワフ21000形21120の車掌室内修復作業です。 座席脚の受材を加工して作ります。 続いて、座席脚・受材を取り付けます。 そして、住江工業さんに特注していた座席シートが届いたので、仮設置してみます。 そして、だるまストーブと煙突も設置しました。 あと、もう少し細かいパー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

貨鉄博、ワフ21120修復作業

昨日・今日と、貨物鉄道博物館へ西濃鉄道ワフ21000形21120の修復作業に行きました。 18日に車体塗装が完了したので、標記を入れ作業を進めました。 まず、カッティングシートで作った文字の位置合わせです。 位置合わせが完了したら、裏紙を剥がします。 裏紙を剥がしたら、カットした文字を密着させます。 文字が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少し、四日市駅で撮影!

今日は、朝から貨物鉄道博物館へ西濃鉄道ワフ21000形21120の修復作業へ行っていたのですが、終わってから家族を迎えにJR四日市駅まで行きました。 電車到着まで時間があったので、交検上がり貨車を撮ってみました。 ●太平洋ホキ1000-26+ホキ1000-25(2013.8.19四日市) 明日も、西濃鉄道ワフ21000形21…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

貨鉄博、ワフ21120修復作業

今日は、貨物鉄道博物館へ西濃鉄道ワフ21000形21120の修復作業に行きました。 先日の開館日で錆止めが完了した、車体外部の黒塗装作業です。 夕方には1回塗りが完了しました。 次回、18日に黒塗装2回目を行う予定です。 室内では、よろい戸の手掛金物を取り付けました。 しかし、6箇所ある手掛金物、磨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貨物鉄道博物館開館日!

今日は、貨物鉄道博物館開館日で、スタッフとして行ってきました。 激暑の晴天でしたが、夏休み中ということで、とても多くのお客さまに来て頂きました! ボランティアスタッフの皆さんにワフ21000形21120の修復作業を進めて頂きました。 ●サンダーで塗膜を削り落とします。 ●塗膜が落とせたら、錆止めを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貨鉄博、ワフ21120修復作業

今日は、朝から貨物鉄道博物館へ西濃鉄道ワフ21000形21120の修復作業に行きました。 まずは、網棚の仮付けです。  木丸棒が漏水で朽ちてしまっていたので、棒を作り替えています。 特注したひも網は、室内塗装完了後に張ります。 続いて、窓建具・枠の取付です。 こちらも、漏水で完全に朽ちてしまっていたので、ガラスと窓…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貨鉄博、ワフ21120修復作業

貨物鉄道博物館のワフ21120修復作業を進めていますが、車掌室の木製建具と窓枠が漏水で朽ちてしまっているため、完全に新規製作の必要があります。 建具そのものは建具屋さんへお願いしているのですが、その間に「窓戸錠」などの金物類などを洗浄・研磨・調整を行っておきます。 経年の間に、変形していたり、何度か塗装されて固まって作動しに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貨鉄博、ワ11・ワフ21120修復作業

今日は、貨物鉄道博物館へ蒲原鉄道ワ11形11と、西濃鉄道ワフ21000形21120の修復作業に行きました。 ワ11は、戸当たり部分の柱加工です。 これでほぼ木工事は終了です。 ワフ21120は、荷室のシロアリに喰われた床板の撤去作業です。 修復中のワ11・ワフ21120に夕日が当たって、赤の錆止めが映え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貨鉄博、ワフ21120修復作業

貨物鉄道博物館のワフ21120修復作業を進めていますが、車掌室内の日除けよろい戸の一部が、西濃鉄道時代に漏水があったようでかなり錆びてしまっていています。 ●西濃鉄道時代のワフ21120車掌室内(2003.4.14美濃赤坂) ●錆びている日除けよろい戸(室内側)(2013.4.20) ●錆びている日除けよろい戸(室…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

貨物鉄道博物館開館日!

昨日は、貨物鉄道博物館開館日で、スタッフとして行ってきました。 久しぶりの晴天で、とても多くのお客さまに来て頂きました! 天気が良かったので、ボランティアスタッフの皆さんに作業を進めて頂きました。 今日は西濃鉄道ワフ21120の下地処理とさび止め塗装を行いました。 ●グラインダーによる下地処理作業 ●…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

貨鉄博、ワフ21120修復作業

続いて、貨物鉄道博物館のワフ21120修復作業で、網棚の「ひも網」の調査です。 網棚はφ30の木丸棒とφ10.5の鉄丸棒の組み合わせとなっており、最大寸法はW1790×D312です。 それに「ひも網」が張られています。 「ひも網」はφ3のひもで□50に編まれているものを、W90のひし形になるように取り付けられています…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more