三岐鉄道モハ120・クハ210

三岐鉄道でかつて活躍したモハ120・クハ210ですが、本日で製造後60年です!

ということで、少し振り返ってみましょう!

 三岐鉄道の旅客列車完全電車化に際して、電気機器を東洋電機製造、車体を東洋工機で新造したもので、1959(昭和34)年5月にモハ120・クハ210、翌年12月にモハ121・クハ211が入線しました。さらに1963(昭和38)年11月、モハ122が増備されました。三岐鉄道初の新造電車でした。車体は1957(昭和32)年に登場した「日車標準タイプ」と呼ばれる名古屋鉄道3700系を参考に窓1つ伸ばしたスタイルで、貫通型片運転台、ノーシル・ノーヘッダー・張り上げ屋根の片開き2扉車。台車はカルダン駆動で、当時としては高性能な車輌でした。モハ120形クハ210形で2連を組むのが本来ですが、実際にはモハ100形などの旧型車やモハ150形とも共通運用で検査の都合上、なかなか編成美は見られませんでした。晩年、前照灯が2灯シールドビームに交換され、西武鉄道の電光式方向幕が取り付けられていました。
 三岐鉄道では十分高性能な車輌でしたが、中型で2扉ということで大量輸送にはそぐわず、西武鉄道より譲受した大型の601系導入により、1982(昭和57)年3月に廃車となり、同年7月モハ130形と共に全車香川県の高松琴平電鉄へ売却され、翌年1013形1013~1017として竣功しました。琴電は標準軌(1435mm)のため台車が交換され吊掛駆動となり性能的に劣りました。そして、電光式方向幕と前面貫通幌は取り外されました。1987(昭和62)年には、1015・1016(三岐モハ121・クハ211)のみカルダン台車を新造して再び高性能化されました。残りの1013・1014・1017(三岐モハ120・クハ210・モハ122)は旧性能ということで京王帝都電鉄(現京王電鉄)から譲り受けた1100系に置き換えられ、1997(平成9)年7月に廃車解体されました。そして、高性能化されていた1015・1016も100%冷房化に伴って京浜急行電鉄から譲り受けた1200系に置き換えられ、1063形と共に2005(平成17)年6月26日のさよなら運転を最後に廃車となり翌月に解体されました。

もちろん、私が小学生時代で引退しているので、自分で撮影した画像は無く、父撮影もしくは三岐鉄道所蔵の画像です。

●旧塗装のモハ120(撮影時期不明ですが、おそらく竣功時 保々車両区)
画像

●現行黄色塗装へ更新の1輌目となったクハ210(1977.7.保々車両区)
画像

●開業50周年ヘッドマーク付のクハ210(1981.7.23保々車両区)
画像

●高松琴平電鉄へ回送されるモハ120他6輌(1982.7.4富田)
画像

続いて、高松琴平電鉄で活躍時期には、私も撮影してます。

●高松琴平電鉄1013(1992.12.16仏生山工場)
画像

●高松琴平電鉄1014(1992.12.16仏生山工場)
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック