三岐線101系105編成、ラッピング終了!

今日は、午後から貨物鉄道博物館へ作業に行っていたのですが、その前後で少し三岐鉄道三岐線撮影してみました!

まずは、午前ウォーキングで、いつもの山城-保々間です。
今日は、晴天の休日なので他にも撮影の方が多数いらっしゃいました!

●第3714列車のED459+ED457+タキ1900形(2016.1.31山城-保々)
画像

お昼ご飯を食べてから貨物鉄道博物館へ向かいますが、保々車両区へ寄り道してみます。

ED301に代わって、太平洋セメント藤原工場内で入換作業をしていたED453が留置されてますが、フライアッシュ・炭酸カルシウムでかなり白くなってますね。

●ED453(2016.1.31保々車両区)
画像

そして、本題です!

2012(平成24)年8月末から、「名泗コンサルタント」のラッピンクが施されていた101系105編成ですが、契約終了のようで、本日剥離作業が行われてました。
画像

画像

画像

やっぱり、ラッピングされていると塗装が傷まないようで、まだ随分綺麗ですね!
ただ、そろそろ検査の時期となりますので、このまま入場なのか、しばらく走ってから入場なのか?

そして、貨物鉄道博物館帰りに、保々-北勢中央公園口間の朝明川築堤カーブで撮ってみます。

●第33列車の801系803編成(2016.1.31保々-北勢中央公園口)
画像

しかし、次の第3717列車までに曇ってしまい、結局あきらめて帰りました...

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

まーぼー
2016年02月01日 22:35
ニアミスでしたね。私が保々車両区に寄った時には一両目でしたから、けっこう作業が進んだんですね。これでがっかりすることはなくなったね(^^)
2016年02月01日 23:44
まーぼーさん、こんばんは!

午前中は、ウォーキングで山城-保々間まで行っていたのですが、車両区へは行きませんでした。

午後から、貨鉄博へ向かう際に車両区へ寄ったら、クモハ106の方の剥がし始めでした! まあまあ早く剥がせるものですね!
貨鉄博帰りにもう一度寄ってみたら、ほぼ終わってました。

この記事へのトラックバック