太平洋セメントホキ1100形入線!

昨日は、三岐鉄道三岐線富田駅近くで、四日市市の木造住宅耐震診断があったのですが、国道1号線から試験走行にやってきている太平洋セメントホキ1100形がチラッと見えたので、ちょっと富田駅に寄り道してみました!

ホームへ行ってみると、入換えが始まりました。

●ED5081+ED5082(2015.11.16富田)
画像

第501列車で走るホキ1000形編成でホキ1100形が引き出されます。
ここで、はじめて既存ホキ1000形と新型ホキ1100形が連結されます!

●太平洋セメントホキ1000-10+ホキ1100-1(2015.11.16富田)
画像

501列車の編成が留置線から出発線に転線されます。
リサーチキャビンを積んだJRコキ104形も一緒に三岐線へ入ります!
画像

入換作業が済んだので、ホキ1100形の細部を見てみます。
ただ、残念ながらこの時間やや逆光で、しかも薄曇りでして...

●太平洋セメントホキ1100-1(2015.11.16富田)
画像

画像

ホキ1100形は車体形状は手摺・ステップ・踏板の形状が若干変わっただけで殆どホキ1000形と区別が付きませんが、どうやら車体帯色が太平洋セメントコーポレートカラーに変更されたようで、かなり明るいブルーになっています。ホキ1000形と連結していると色の違いがよく解ります。

●太平洋セメントホキ1000-10+ホキ1100-1(2015.11.16富田)
画像

そして、ホキ1100形の最大の変更点である台車です。 
95km/h走行可能なTR213Gとなったため、形式も変更され、各速度走行試験が必要になりました。 よって、台車には試験走行用の器具が取り付けられています。 ここから隣に連結されたリサーチキャビンまでケーブルで情報が送られます。

●ホキ1100-1台車 TR213G(2015.11.16富田)
画像

画像

画像

続いて、ホキ1100形に連結されているリサーチキャビンです。

●JRコキ104-2826積載リサーチキャビン(2015.11.16富田)
画像

30フィートサイズの性能測定用コンテナZX45A形「リサーチキャビン」を2個積載です。

●JR性能測定用コンテナZX45A-1(2015.11.16富田)
画像

●JR性能測定用コンテナZX45A-2(2015.11.16富田)
画像

第501列車の出発まで見たいところですが、耐震診断が10時からだったので、撮影に来られていた仲間の皆さんとお別れして耐震診断に向かいます。

ウォーキングに行っていた父が暁学園前-山城間で走行を撮ってました!
残念ながら、コンパクトデジカメなのでシャッターが間に合わなかったようで、肝心のホキ1100形に架線柱が掛かっています。

●第501列車のホキ1000形+ホキ1100形他(2015.11.16暁学園前-山城)
画像

画像

さて、これから太平洋セメント藤原工場炭酸カルシウムを積載して、再びJR東海道本線で積車状態での各速度走行試験が行われることと思われます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

まーぼー
2015年11月17日 21:55
こんな珍しいものは見たかったなぁ。
2015年11月18日 06:02
まーぼーさん、こんにちは!

ホキ1100形、10月1日に日本車輌を出場し、東海道本線で空車走行試験を進め、いよいよ積車走行試験のため、太平洋セメント藤原工場に炭カル積載にやってきました。 

16日はたまたま耐震診断が富田駅近くで10時からだったので、発車前のホキ1100形を見ることが出来ました!
INITIAL‐S
2015年11月30日 21:11
南野さん、こんばんは。

もうホキ1100完成してたんですねー。
昨日、自分が参加している鉄模サークルの運転会があって、そこでも少し話題になっていました。
私はというと、地元なのに全く気付いていませんでした(汗)
2015年12月01日 00:01
INITIAL‐Sさん、こんばんは!

ホキ1100形は10月1日に日本車輌を出場して、東海道本線で試運転を行っています。

年内ぐらい試運転を行い、今年度中にあと数輌落成するようです。

この記事へのトラックバック