三岐鉄道車輛大図鑑「きまぐれ日記」

アクセスカウンタ

zoom RSS 東藤原駅の入換作業!

<<   作成日時 : 2011/04/18 15:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

続いて、三岐鉄道三岐線東藤原駅の貨物列車入換作業です。

さきほど、保々駅で抜かしてきた、フライアッシュ輸送の501列車が20分後ぐらいに到着します。
画像

東藤原駅に到着すると、すぐに機関車ED454+ED456を切り離し、入換作業が始まります。
画像

機関車ED456+ED454は側線を走って、貨車の富田側へまわります。
画像

再び貨車に連結され、太平洋セメント藤原工場炭カル出荷センターへ押し込みます。
今日はホキ1000形4輌ですが、基本は8輌です。
画像

ホキ1000形4輌を炭カル出荷センターへ置いて、機関車ED456+ED454が戻ってきます。
画像

入換作業は続き、機関車はF5工場へセメント貨車を向かえに行きます。
画像

旅客列車の間をぬって、本線を横断しF5工場からタキ1900形16輌を牽きだしてきます。
画像

画像

画像

F5工場からのセメント貨車は一旦ホームのある出発線に入りますが、留置線に転線されます。
というのは、先に502列車で炭カル輸送のホキ1000形2輌の先送りが発車するためで、セメント貨車は次の3716列車となります。
画像

画像

基本、機関車はここで再び炭カル出荷センターへ502列車で先送りのホキ1000形2輌を向かえに行くのですが、今日は輌数が少ないため502列車は運休で、機関車ED456+ED454もセメント列車と並んで留置線に留置します。
(502列車運休の場合、503列車も運休となり、502列車の機関車は3718列車となります。)
画像


ここで、入換作業はしばらく休憩になるので、私たちも自転車で近くの公園でお昼ご飯にします。
お昼ご飯を食べて再び東藤原駅へ戻ります。
丁度、セメント貨車(空車)の3713列車が到着したところでした。
到着したらすぐに機関車ED453+ED458を切り離し、入換作業が始まります。
画像

機関車ED458+ED453は側線を走って、貨車の富田側へまわります。
画像

再び貨車に連結され、本線を横断しF5工場へ押し込みます。
画像

空車のタキ1900形16輌をF5工場へ置いて、機関車ED458+ED453が戻ってきます。
画像

入換作業は続き、機関車は留置線のセメント貨車を向かえに行きます。
画像

そして、機関車ED458+ED453は留置線からセメント満載のタキ1900形16輌を牽いて、ホームの出発線に入ります。
画像

画像


これで、一連の入換作業は終了し、3716列車は出発を待ちます。

続いて、自転車で伊勢治田〜東藤原間にある多志田谷眼鏡拱橋へ向かいます。
丁度、めがね橋上の県道615号で、さきほどの3716列車がやってきました!
画像

下の画像では、正面が藤原岳、右が三岐線・県道615号、下が多志田谷です。
画像

ここから、谷へ降りていくと、多志田谷眼鏡拱橋が見えてきます。
画像

そして、こちらが多志田谷眼鏡拱橋です。
多志田川を流す2連のアーチはそれぞれ幅7.8m、高さ8.7m、長さ70.0mのコンクリート製で、長さ216m、幅83m、高さ35mの築堤は約2年の歳月をかけた難工事だったそうです。谷からは眼鏡橋上を通過する列車と一緒に撮影することができます!
画像

ここで、おやつ休憩のため、いなべ市北勢町にある「アミアン」に向かい、チョコパフェを食べました♪
画像

ここから、三岐線伊勢治田駅に向かいます。
画像

伊勢治田駅から電車に乗って、保々駅に戻る予定だったのですが、午後からは曇ってきてちょっと涼しいので三岐線沿いの道を行けるところまで自転車で行ってから電車に乗って帰ることにします!

丁度、伊勢治田駅ED456+ED454牽引の3718列車が通過していきました。
画像

そして、貨物側線で反対列車待ちしていたED459+ED452牽引の3715列車が出発します。
画像

自転車で少し進み、丹生川〜伊勢治田間の青川橋梁へ寄り道して少し撮影です。 
やってきたのは46列車で朝乗った101系103編成でした。
画像

自転車でさらに進みます!
丹生川駅も過ぎ、三里駅も過ぎ、宇賀川を渡り大安駅も過ぎ!
大安駅を過ぎた辺りで、貨物列車がやってきました。 ED453+ED458牽引の3717列車です。
画像

少し進んだ、光蓮寺の踏切付近で丁度列車がやってきたので撮ってみました!
50列車の751系です。
画像

自転車でさらに進みます!
梅戸井駅も過ぎて北勢中央公園口駅へ向かうのですが、夕方になってどんどん強風しかも向かい風で... かなり辛かったですが、結局保々駅まで自転車で戻ってしまいました!

走行距離は約20qです。

■今回の撮影地(多志田谷眼鏡拱橋)

■今回の撮影地(青川橋梁)

■今回の撮影地(梅戸井〜大安)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
三岐線「サイクルパス」でサイクリング!
今日は天気が良かったので、奥さんと三岐鉄道三岐線「サイクルパス」を利用し、雑誌原稿の取材に行きました! ...続きを見る
三岐鉄道車輛大図鑑「きまぐれ日記」
2011/04/18 15:43

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
多志田谷眼鏡拱橋というのは知りませんでした。
何度も上の道は通っているのに。
歴史の古い鉄道にはこういった産業遺産が多いですね。
初瀬春日@管理者
2011/04/23 08:49
初瀬春日さん、ご無沙汰してます!
今年は私まで花粉症が酷くなってしまって...

ところで三岐線の眼鏡橋ですね!
ここはなかなか気づかないですよね。
夏場は草が高くてなかなか近づけなくて撮影は難しいですが、秋〜春は行けますよ!

三岐鉄道のハイキング大会の時にはこのトンネルをくぐっていたようです。
南野哲志
2011/04/23 17:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
東藤原駅の入換作業! 三岐鉄道車輛大図鑑「きまぐれ日記」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる