三岐鉄道車輛大図鑑「きまぐれ日記」

アクセスカウンタ

zoom RSS 徹底比較!ED45形

<<   作成日時 : 2006/10/18 18:36   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

 今日は、先週からやっていた、住宅の建築確認申請の仕事が一段落! 
そして、一応興味本位で予約してあった、マイクロエース製三岐鉄道ED45形模型が届きました。 5月18日の日記にも辛口発言をしましたが、1993年に自作したED452と徹底比較してみることにしました! 
 まあ、1993年というと大学生の頃の作品なので、少々難ありというのはお許し頂きたい。 では、細部の比較をしていきましょう。 実車についても個体差が結構あるので、車輛大図鑑HPの実車解説と画像をご覧頂ければと思います。

●まずは、トータル外観
 比較的、色合いは実車に正しいと思いますが、黄色がもう少し原色黄色に近ければ尚良かったと思います。 ただ、ナンバープレートと社紋のオレンジが薄過ぎ... それと、製造銘板がいい加減な表現なので、どうせならば入れない方が良かったのでは?
手前が自作ED452、奥が製品ED451(実車と反対のパンタを上げてしまいました...)
画像

●続いて、側面・前面スタイル
 側面から見ると、やはり製品は相模鉄道ED10形として作っているため、どうしても車体が長く、台車間隔が離れすぎ、パンタグラフはさらに離れすぎです。 通風口は三岐車専用パーツをはめ込んでいるためかなり良い感じです。 乗務員室窓の大きさですが、ED451のみ更新されていないので細幅なのですが、これの表現が無理ですね...前面は、相鉄ED10形のため乗務員室扉の開き勝手が逆です。 窓庇の形態も相鉄仕様なので三岐車とは異なる部分があります。 そして、デッキの形状は相鉄ED10形のままのため、全く形態が異なります。 折角別パーツ化しているのだから、三岐車専用のデッキを作って欲しかった... 車輪がφ5.6mm?なのかちょっと台車の背が低く見えます。 あと、床下のATS機器がヘロヘロなのが寂しい...
実車ED451(1992.7.16富田)
画像

上段が自作ED452、下段が製品ED451(実車と反対のパンタを上げてしまいました...)
画像

左が製品ED451、右が自作ED452
画像

●最後に屋根上
 上にも書きましたが、とにかくパンタグラフが離れすぎ... 自作車はバッチリ正解なので、かなり離れているのがわかると思います。 但し、オデコ部分の張上げ具合はED451・453とED452では異なりますので、どちらも正解です。 それと、ED453の現状スタイルで製品化ならば、西武鉄道タイプのアンテナを表見してほしかったです。
上が自作ED452、下が製品ED451 
画像


 ということですが、マイクロエース製品にしては、思っていたよりマシな出来だと思います。
今後は、もしかして相鉄ED14も製品化されて、さらに三岐ED45形3次車(456・457)タイプまで製品化されるのですかね!?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんわ、私もED45を買いました。
どうも短足すぎるな〜と思っていたんですが、車輪径が小さい事が起因していたんですね。印象としてその短足っぷりは西武E31に近い気がしていました。
走りは申し分無く良いのでタイプとなってしまったのが残念ですね
つかさ
2006/10/20 00:23
つかさ君、こんにちは。
車輪径による短足は、どうもバランスが悪く見えますね...
模型を分解して測った訳では無いですが、恐らくφ5.6mmでしょう。 とすると、実車φ860mmの電車用ですね。
相鉄電機はDT13だから多分φ910mmでしょうし、三岐ED45形ですとφ1000mmです。 だから、模型だとφ6.6mmぐらい欲しいですね。
私の自作車はTOMIX国鉄DF50の動力ユニット、台車を使っています。 これが結構バッチリサイズなのですよね。 動力ユニットは切断しているため片台車動力としています。

南野哲志
2006/10/20 07:01
 こちらでは始めまして。
郡山の今泉です。
 私も、押さえてはありますがまだ手元にないのです。
思ったよりは、マシかと思いました。
 それと、この機関車を今後自作するときのヒントを得ました。手元に、ワールド工芸の、DD50用動力ユニットがあります。 これはホイールベースがDFと同じ、機関車用の大きい車輪がついており、台車間も短いです。
 これを使うか、もしくはアリイの同型機を潰して、その動力を流用し、アリイのものを切り詰めて乗せれば、全軸駆動のものが作れるのではないか?と思いました。
ただ、無駄が多く(それでもDD50はけっこう売れ残っていますが)、デッキはどのみち自作ですから、私の技術力では心もとないものがあります。
 あと、私が手元に届いたら、是非やってみたいのが、パンタだけでも寄せてみることです。
 来月中には手元に届くのでやってみたらお知らせいたします。
今泉
2006/12/12 20:47
今泉さま、いらっしゃいませ!
ワールド工芸のDD50の動力ですか。
DD50ですと、Nサイズで台車間隔が37mmぐらいですかね?
三岐ED45形1〜7ですと、台車間隔は43.3mmです。
ED458ならば41.7mm、ED459ならば37.3mmです。
ということで、ED459ならばDD50の動力がバッチリですね。
でも、ED459だったら、同じワールド工芸の東武ED5060形から加工するのが早そうですね。
私はペアーハンズの東武ED5060形から加工しました。

デッキは流石に自作するしか無いですね。







南野哲志
2006/12/14 09:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
徹底比較!ED45形 三岐鉄道車輛大図鑑「きまぐれ日記」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる